自然形体療法とは

自然形体療法は世界最高レベル!
身体に負担をかけない理想的な徒手療法です。


痛みという結果には必ず原因がある。自然形体療法の目標は症状の緩和ではなく、症状を引き起こしている直接的あるいは間接的な原因(起因・誘因)を解消することにある。(中略)痛みには何らかの原因があるはずだから、原因を取り除くことができれば、その場で良くならなければおかしい。診断が正しくて、選択した治療法が正しければ、その場で結果が出るはずだ。(山田洋著「自然形体療法」より引用)

自然形体療法は、創始者である、故・山田洋先生が20数年の独自の研究の末に到達した物理療法です。
様々な痛みの原因と誘因を科学的に解明し、それぞれに応じた手法を用いて症状を取り除きます。

従来の整体・マッサージ・カイロプラクティックの概念を超えた超整体であり、どこに行っても解消しない、様々な症状の解消に高い効果を上げています。

具体的には、軽く引っ張ったり、腕や脚を揺らしながら筋肉に軽く触れたり、気持ちいい方向に軽く捻ったり…。 なかなか説明が難しいです。

初めて施術を受けた方は、「こんなに優しくて効果あるの?」と、たいてい驚かれます。私自身も患者として最初にこの療法に出会った時は、気持ちよくて症状が取れていったので驚きました。リラクゼーション目的ではありませんが、そう言っても差し支えないくらい気持ちの良い施術です。

自然形体療法の特徴

1.痛いことはしません。

痛みとは何でしょう?
痛みとは、「身体に良くない状況が起きている」もしくは、「身体に良くない影響があるので、その行為をやってはいけない」という脳からのサインです。
多くの方が、「治療行為=痛みを我慢してやるもの」と考えているのではないでしょうか?
確かに、治療行為の中には止むを得ず痛みを伴うものがありますが、整体施術においては、痛い行為をしてはいけないと当療法では考えます。

痛い施術をしないわけ@
まず誰でも、痛いのは嫌ですよね?どこかに痛みを抱えていて、痛みを解消したくて施術を受けるわけですから、施術自体は痛くないほうが良いに決まっています。

痛い施術をしないわけA
身体は優しい刺激でないと緊張を解きません。筋肉は強い刺激を与えるとますます緊張が強くなり、その緊張が様々な痛みを引き起こします。強い刺激を与える行為は、身体をメンテナンスしているつもりが、逆に壊していることになってしまいます。童話の、「北風と太陽」の北風のように、無理な方法でやってはいけません。自分から緊張を解くように誘導するのです。

痛い施術をしないわけB
強い力を加えないということは、安全性が高く、万が一の施術事故が起きる可能性が極めて少ないということでもあります。身体を治しに来たはずが、かえって痛くなってしまうことがあってはいけません!
幼児から高齢の方、妊娠されている方も、安心して施術を受けることができます。

痛い施術をしないわけC
「強く揉まれたので揉み返しがキツかった」という経験はありませんか?当療法では、揉むということをしないので、揉み返しはありません。薬品のような副作用もありません。

身体に触れるときはあくまでも優しく、無理な力をかけないように細心の注意を払います。施術中はとても気持ちよく、半分以上の方が眠ってしまいます。


背中の筋肉の緊張を取る手法の一つです。

2.即効性があります。

症状の改善スピードが速く、その場で痛みが減っていくのを実感できます。

3.自律神経に作用し、自己治癒能力を最大限に引き出す施術法です。

部分的な痛みを取ることも大事ですが、その部分をかばうために他の部分も歪んでいることがあるので、その歪みも修正します。住宅に例えれば、フスマだけではなく柱を修正するということです。

施術中は、身体の自然な動きを妨げないようにして、呼吸のタイミングを重視します。

その結果、自律神経に作用し、身体が交感神経と副交感神経のオンオフをうまく切り替えられるように調整されていくようになります。

そのように身体の環境を整えることで、睡眠の質が高まってぐっすりと眠れるようになり、身体は本来持っている自己治癒能力を最大限に発揮できるようになります。
最終的に身体を治すのは、自分自身の力なのです。

4.大掛かりな機械は使用しません。手技と、「マザーキャット」で施術します。

機械は使用せず、手の感覚で細心の注意を払い、優しく施術します。
さらに、手技だけでは時間がかかる筋肉の緊張や癒着(筋繊維が絡んだ状態)の解消に、絶大な効果を発揮する道具「マザーキャット」を使用します。
簡単に説明すると、固くなっている筋肉を素早く柔らかくする道具です。
材質はシリコンで、中空構造になっているので身体への攻撃性が無く、指よりも柔らかな限りなく優しい刺激で施術の効果を倍増する、自然形体療法オリジナルアイテムです。


このように使います。これは股関節周辺の筋肉の施術です。

5. 自己療法も指導します 。

施術で痛みが無くなれば万事OKというわけではありません。
身体の不調は、ほとんどすべての症状が、「疲労と回復のバランスが崩れたこと」によって起こります。

膝痛の原因が○○の筋肉の疲労によるものならその筋肉に効果的なストレッチ、腰椎椎間板の縮みが足のしびれの原因ならば椎間板を伸ばす自己療法、首・腰を傷めない起き方や、睡眠時間の必要性など、生活上の注意や自己療法もお話しし、痛みが再発しないようにできる限りの提案をさせていただきます。

↑